菊池寛の小説(戯曲も)に『入れ札』がある。いわば異聞・国定忠治の物語。文庫で20ページほどの短編だが、人の心理の綾(あや)を織り込んで味がある◆捕方(とりかた)に追われ、逃避行を続ける忠治と子分たち。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加