佐賀県高校生介護技術コンテストが15日、嬉野市の嬉野高であった。県内の8高校で介護を学ぶ16人が、ベッドメークと排せつ介助の2部門で、日頃学んでいる介護の基礎的な技術を競い、嬉野高が総合優勝に輝いた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加