江戸時代に建築された船具店の建物を見る山口祥義知事(右)=唐津市呼子町

 山口祥義知事が9日、唐津市呼子町を訪れ、町内の歴史的な町並みを見て歩き、町おこし団体の代表らと交流した。代表らは町並みを後世に残したいとの思いを知事に伝え、県の支援を求めた。

 呼子町には、捕鯨文化を伝える「鯨組主中尾家屋敷」や「永井家住宅」などの貴重な建物をはじめ、明治期の町屋を改修したレストランなどがあり、風情ある建物を生かしたまちづくりが進められている。港町呼子まちなみ保存協議会などが銭湯や船具店だった明治期の家屋が立ち並ぶ様子を紹介し、知事は「(広島の)尾道と似ている」「歴史を感じる」と話しながら見学した。

 意見交換では、区長や協議会の代表らが国の伝統的な建造物の保存地区選定に向けて住民の理解が課題となっていることを説明し、「理解醸成へ県の後押しをお願いしたい」「町内で新事業に取り組めるよう若者へのサポートを」などと要望を語った。山口知事は「地元の思いを県としてサポートしたい」と応じた。(横田千晶)

このエントリーをはてなブックマークに追加