国営諫早湾干拓事業の開門差し止め仮処分決定を守らせるため、開門に反対する干拓営農者らが国に制裁金の支払いを求めた間接強制で、福岡高裁(永松健幹裁判長)は18日、開門した場合、1日49万円支払うよう命…

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加