佐賀空港への自衛隊輸送機オスプレイ配備計画を巡り、佐賀県の山口祥義知事は11日、県有明海漁協が防衛省による地権者説明を優先させる決定をしたことに関し、「防衛省は真摯(しんし)に(配備の)必要性を地権者へ訴えてほしい」と述べた。

 漁協は10日の会議で、防衛省が地権者に対して説明会を開き、意思確認することを認めた。漁協は自衛隊との空港共用を否定した協定を県と結んでおり、県から協定の見直しを求められているが、地権者の意思を踏まえて判断する考えを示した。

 山口知事は記者団に「地権者の意向を確認したいとする漁協の判断を重く受け止めなければならない」とし、「県としても地権者がどう考えるかが大切だと言ってきた。今後、事業主体の防衛省が説明会をセットしていく流れになると思うが、真摯に(配備の)必要性を訴えてほしい」と強調した。(栗林賢)

このエントリーをはてなブックマークに追加