水と環境を守る集いが17日、佐賀市のアバンセで開かれた。東京海洋大大学院准教授の濱田武士さんが北海道の事例を踏まえ、環境改善のために農漁業者や市民が連携する重要性を強調した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加