佐賀県畜産試験場(武雄市山内町)は、飼料米を乳牛と肉牛肥育に利用する研究を進めている。乳牛にはもみ殻付きのまま、肉牛には玄米を与え、乳成分や肉質が従来と変わらないかどうかを探る。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加