SSP杯佐賀県高校スポーツ大会の写真展で孫が写っている写真を探す来場者=県庁

 「SAGA2020 SSP杯佐賀県高校スポーツ大会」の写真展(佐賀新聞社主催、県SAGAスポーツピラミッド推進グループ共催)が、13日まで県庁新館1階の県民ホールで開かれている。新型コロナウイルスの影響で中止になった県高校総合体育大会などの代替大会として開かれ、集大成の舞台で躍動した高校生たちの姿を収めている。

 SSP杯は、6月中旬から約2カ月間にわたって31競技33種目で熱戦が繰り広げられた。写真は取材に当たった佐賀新聞の記者やカメラマンが撮影、会場には約800点を並べた。

 サッカーでは空中でボールを競り合う姿、テニスでは得点を決めて満面の笑みを浮かべる生徒、バドミントンで必死にシャトルに食らいつく選手など、高校生たちが演じた真剣勝負の瞬間を切り取っている。

 会場には、子どもが写っている写真がないかと見に来た保護者らの姿も。高校3年の息子がバレーボールに出場したというパートの女性(46)=白石町=は「無観客で生で観戦できなかったから、写真として思い出を残すことができるのはうれしい」と目を細めた。神埼清明高新体操部OBの大学生の息子がいる女性(53)=佐賀市=は、新体操男子の写真に見入った。「息子の後輩たちを見に来た。みんな笑顔で写っていて感動した」とほほ笑んだ。

 観覧時間は午前9時から午後6時まで(土日は午前9時半から。最終日は午後4時まで)。問い合わせは佐賀新聞社報道部、電話0952(28)2129。(井手一希、草野杏実)

このエントリーをはてなブックマークに追加