実習で牛を育ててきた唐津南高の生徒たちが18日、唐津市の唐津うまかもん市場で店頭販売に立った。一昨年10月、子牛だった2頭と出合い、肥育し、解体処理に同行し、そして総仕上げの販売。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加