プロジェクションマッピングは、7月から本格運行を始めたコミュニティバスをアピールしようと、町が鳥栖商高情報処理部に協力を依頼。バスの車体(高さ2・6メートル、長さ7メートル)をキャンバスに作成した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加