米穀卸販売「JA食糧さが」(江頭一典社長)の農産物処理加工施設が多久市北多久町に完成した。光選別機3台を設置しており、より品質が高い製品ができる。本社機能も唐津市から移転した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加