伊藤博文らとともに幕末に渡英し、近代土木技術を学んだ長州藩士の井上勝(1843~1910年)は、新政府の鉄道頭として東海道線や東北線などを建設した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加