鹿島市が商業施設「ピオ」の一部を購入したことに反対する住民グループが25日夜、不動産鑑定評価をめぐり佐賀地裁で争っている住民訴訟の報告会を市内で開いた。約40人が参加、訴訟の背景や争点を確認した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加