衆院選2区に自民党公認での立候補を予定している前佐賀県知事の古川康氏(56)は26日未明、佐賀県議会で辞職願が同意された直後に県庁で会見を開き、地方創生の実現を知事辞職と衆院選出馬の理由に挙げた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加