県庁の自主勉強会グループ「TAF(Team-After-Five)」が10日、講演会企画「やさしい日本語」を県庁会議室で開いた。県や市役所職員、一般の参加者ら約70人が集まった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加