基山、鳥栖、久留米、小郡の3市1町でつくる「筑後川流域クロスロード協議会」のシンポジウムが21日、基山町民会館であり、人口減少社会における広域連携のあり方について首長らが意見を交わした。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加