ツバキを手に取る三田かおりさんと加唐島の德村敏勇樹区長

 「オーガニックアイランドプロジェクト」。これは唐津市の七つの離島で採れる植物の生産・加工品製造を支援する取り組みです。豊かな自然の恵みに感謝し、コスメをはじめとする天然成分を使用した持続可能なものづくりを行っています。

 「自然素材にこだわった植物をコスメへと再生する」という意味を込めて、NPO(特定非営利活動)法人「リトコス」を8月設立しました。近年、島々の畑ではイノシシの被害が多く、耕作放棄地が増えていることが地域課題となっています。漁業を生業とする人がほとんどで、農業従事者がいなかったことが一つの原因でした。

 オーガニック自然化粧品を通じ、社会貢献を願うリトコスは、耕作放棄地を開墾しオーガニックによるハーブ栽培、それらを使った加工品の製造が広がることが、七つの島の自然環境の改善と人口流出防止につながると考えています。

 現在、島民の皆さんと一緒に農薬や化学肥料を一切使わない自然農法で、化粧品の原料となる植物を生産しています。安心して畑を耕し、出荷できる体制も整えることは、やがて子どもたちが安心して島で暮らせることへとつながると信じています。

 リトコスの使命は、島の豊かな環境保全と、島の生産者を支援すること。そして、離島で暮らす子どもたちの未来を応援することです。自然とのバランスが取れた関わりの中に、私たちは持続可能な経済活動を実現し、人々が自然と共生しながら豊かに暮らせる未来を目指しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加