沖縄県の米軍普天間飛行場移設問題で日本政府の対応が迷走する中、一部の国会議員が県外移設先候補の一つとして佐賀空港を挙げていることで、県内関係者に困惑が広がっている。古川康知事は「政府からまったく話はない」とした上で「外交防衛は国の専管事項でまずは国が判断すべき」と静観する考えを示している。