県に佐賀空港へのオスプレイ整備拠点建設反対を要請する県平和運動センターの原口郁哉議長(右)=県庁

 佐賀県平和運動センターと社民党佐賀県連は3日、政府が自衛隊に導入を目指している米軍の新型輸送機オスプレイの整備拠点候補に佐賀空港が挙がっているとした報道を受け、県に対して建設に反対するよう要請した。

 要請では「佐賀空港は建設に当たって、自衛隊と共用しないという協定を地元と交わしている」と指摘。整備拠点建設への反対を明確に国に伝え、佐賀空港を軍事転用しないよう求めている。

 要請を受けた県の担当者は「報道はあったが、実際、県に話はあっていない。今回の要請は知事に伝え、あらためて文書で回答したい」と応じた。

このエントリーをはてなブックマークに追加