新型コロナウイルスの影響による町民のストレス解消を目指し、神埼郡吉野ヶ里町は、子育て世帯を対象に吉野ケ里歴史公園とアスレチック施設「フォレストアドベンチャー吉野ヶ里」の利用料を助成する。観光地支援も兼ねており、関連予算案を9月議会に提案する。

 子育て支援の一環で、休校や外出自粛、夏休みの短縮など、子どもだけでなく保護者も含めて、感染拡大に伴う家庭のストレスを少しでも発散してもらおうと打ち出した。観光客が減っている町内の観光地の利用促進も図る。事業費は1145万4千円。

 町こども・保健課によると、吉野ケ里歴史公園の年間フリーパス料金か、「フォレストアドベンチャー吉野ヶ里」の1回分利用料のどちらかを半額助成する。対象は町内の高校生以下の子どもとその保護者2人まで。10月1日から利用でき、申請には領収書が必要になる。

 コロナ関連ではこのほか、町内の飲食店や小売店で利用できる町民1人当たり4千円分のクーポン券を発行する事業なども提案する。(西浦福紗)

このエントリーをはてなブックマークに追加