米普天間飛行場の移設が争点となった沖縄県名護市長選で、辺野古への移設受け入れに反対する新人稲嶺進氏が、条件付き容認の現職を破って当選した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加