国税庁などが募集していた中学生の「税についての作文」で、致遠館中3年の庄司葵さんが国税庁長官賞を受賞した。祖母の病気療養を通し、医療や介護サービスの財源となる税金の意義を学んだ経験をつづった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加