総務省届け出の2013年政治資金収支報告書が28日、公開された。佐賀県関係国会議員6人(前職含む)の資金管理団体の収入では、引退した保利耕輔氏(自民)が3千万円を超えて最も多かった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加