県茶業技術協会の研修会が26日、嬉野市の県茶業試験場などで開かれ、農水省事業で開発中の被覆資材巻き取りと茶葉の摘み取りを同時に行う機械の実演が行われた。佐賀、長崎両県の生産者と技術者ら約80人が参加。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加