■応急処置や搬送連携確認 消防と学校が合同で取り組む熱中症多発事故に備えた訓練が4日、白石町の白石小であった。熱中症にかかった子どもたちが次々に倒れる事態の中での、症状を訴える人数の確認や応急処置、容体の判断、搬送までの連携を確認した。