サッカーの国際主審、西村雄一さん(42)が25日、鳥栖市民文化会館で講演した。6月のワールドカップ(W杯)ブラジル大会の開幕戦で主審を務めた経験などに触れ、「プレッシャーは準備不足の自分が作り出す。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加