佐賀県内を襲った昨年8月の佐賀豪雨時、有明海沿岸にある県管理の八田江排水機場(佐賀市東与賀町)の一部ポンプが、設備の不具合で稼働できない状態だったことが、佐賀新聞社の取材で分かった。市内では浸水被害が発生したが、県は「影響は考えにくい」としている。