新潟県の信濃川下流に、洪水から新潟平野を守るために造られた「大河津(おおこうづ)分水」がある。江戸時代に構想が持ち上がり、1931年に完成したこの分水路のおかげで新潟平野の水害は激減した。だが、本来の河口への土砂の流入が減少。