佐賀豪雨1年に合わせた佐賀新聞社の自治体アンケートでは、県内市町が避難情報の発表などで活用する「緊急速報メール」で苦心する姿が浮き彫りになった。自治体ごとに使用基準が異なる上、隣接自治体のメールも受信することで住民が混乱する姿もある。