昨夏の佐賀豪雨など近年各地で多発している記録的大雨を受け、佐賀県内の多くの自治体が住民への情報提供手段を拡充していることが、佐賀新聞社が県内20市町に行ったアンケートで分かった。防災行政無線受信機の全戸配布のほか、区長や要支援者らに情報伝達手段を設けるなどさまざまな手法を考えている。