東京で外資系のコンサルティング会社に勤めていたが、4年ほど前に帰郷し、家業の大町自動車学校を経営している。教習車にキャラクターを描いた「痛車」を導入したり、ドローン事業を考えたり、いろいろ試みている。 二十数年ぶりにふるさとに戻ったが、若者以上におじさんたちの元気を感じる。