杵島炭鉱が操業していたころ、大町町の人口はピーク時に2万人を超えた。商店街や炭鉱住宅なども活気にあふれていた。