平安から戦国時代にかけて九州西北部で勢力を誇った武士団・松浦党をしのぶ「松浦党党祖まつり」が1日、伊万里市東山代町川内野の山ン寺で開かれた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加