食料品や飲料水などの自動販売機内の商品を災害時に無償提供する協定を結んだ神埼市の松本茂幸市長(左)と高原ミネラルの成松八州子社長=神埼市役所

 神埼市と、自動販売機で食料品や飲料水などを提供している高原ミネラル(宮崎県・成松八州子社長)は21日、災害時に商品を無償提供することに関する協定を結んだ。

 対象は、おにぎりやカップ麺、弁当などの食料品が並ぶ「自販機型無人コンビニ(ASD)」3台と飲料水が並ぶ自動販売機計10台の商品。ASDは市役所の新庁舎、千代田町と脊振町の交流センターに1台ずつ設置した。

 協定書では、地震や風水害などの大規模災害時、市の災害対策本部が必要と判断した場合に、自動販売機内の商品を無償提供する。市は、避難指示が発令された場合に提供する方向で検討している。

 市役所であった調印式で成松社長は「災害発生当初の、何も食べ物などが手に入らない時のお役に立てたら」と述べた。松本茂幸市長は「災害発生時の食料確保は重要。ありがたい」と感謝した。(西浦福紗)

このエントリーをはてなブックマークに追加