建設業界を支えるスペシャリストとして地域の未来を作る仕事

「ソクトにはアルンデス!!」「ソクトって私に関係ありますか?」のCMフレーズでお茶の間でも高い認知度を誇る「株式会社ソクト」は、1968年に産声をあげた、建設機械レンタル業界における地域のリーディングカンパニー。2015年に業界最大手・アクティオグループに加入したことでますますサービスの幅が広がり、お客さまからの厚い信頼を背景に成長を続けています。


 

多くの資格が取得できるから仕事の幅が広がる【原田さん】

入社4年目で、重機の修理・整備、点検などが主な業務です。初めの頃は力加減が分からずボルトを折るなどの失敗も多かったのですが、失敗から学ぶように心がけ、今では同じ作業でも効率よくこなせるようになりました。

 業務に必要な資格の取得に向けてのサポート環境も整っているので、入社以来多くの資格を取ることができています。資格が増えるたびに扱える機械が増え、仕事の幅も広がるので、整備マンとしての成長が実感できます。

 お客さまとのやり取りを通し社会人としての自信も付いてきた今、これからさらに頼れる存在になることを目指します。


 

知識ゼロからの出発でもスペシャリストになれる【無津呂さん】

 

テレビCMや県内どこでも見かけるソクトのマークを通して当社に親近感を抱いていたものの、入社するまで業界については何も知らなかった私。ですが入社後の研修や先輩からの指導を通して、必要な知識をしっかり身につけることができました。

入社4年目となる今年はフロント職から営業職に異動となり、来店されたお客さまへの対応や現場周りなどの業務に当たっています。まだ毎日勉強ですが、先輩のようなコミュニケーション力と提案力を早く身につけたいです。

将来的には「やっぱり無津呂さんじゃないと」と言われる人材になりたいですね。


 

自分の仕事が誰かの役に立っていることを実感【古賀さん】

 

フロント職として、重機や小物の点検・出荷準備などを担当しています。機械の種類が多いので覚えなければならないことも大量にあり初めは戸惑いましたが、当社の重機が現場先で活躍しているところを見かけると、自分の仕事が役に立っていることを実感し頑張ろうという気持ちになれますね。高校は普通科で全くの未経験でしたが、入社後に取得させてもらった資格も今とても役立っています。

修理が専門ではないフロント職ではありますが、ただ準備するだけでいいという甘えは捨てて、サービスの質を向上させるため、修理の腕も磨いている最中です。


 

ライフステージが変わっても自分らしく働ける職場【寺田さん】

 

今年の4月に入社し、事務を担当しています。商業科で学んだ事務のスキルを生かしながら接客もできるような仕事がしたいと思っていた私にとって、当社は理想的な場所。福利厚生も手厚く、結婚・出産を経験して長く活躍されている女性の先輩が多い点でも、心強い思いです。

主な業務は伝票処理、電話対応、来客対応など、接客は専門用語を知っている前提で進みますし、お客さまによって機械の呼び方が違うこともあるのでまだまだ勉強が足りず、先輩に助けられることばかりです。早く自分で考えて行動でき、人に頼ってもらえるようなスタッフになりたいですね。

 

会社概要

社名/株式会社ソクト

所在地/佐賀市西与賀町大字厘外1338番地2

電話/0952-26-0117

代表者/取締役執行役員社長 中島英敏

資本金/4億2070万4200円(平成26年3月現在)

設立/1975年6月

従業員数/115名

事業所/営業拠点12、機材センター1拠点

事業内容/建設用機械・車両、一般車両などのレンタル・修理・整備・販売、貨物運送事業など

関連会社/株式会社アクティオ、株式会社ソクト運輸 など

 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加