みずほ銀行のロゴ

 みずほ銀行は21日、来年1月から、新規の口座開設で紙の預金通帳を発行する際に1100円の手数料(税込み)を取ると発表した。70歳未満の個人と企業・団体が対象。紙から、インターネット上で出入金を管理する「デジタル通帳」への移行を促し、経費の削減につなげる。大手行による通帳発行の有料化は初めて。大手行は通帳のデジタル化を進めており、有料化の動きは他行にも広がる可能性がある。

 みずほ銀行はデジタル通帳のサービスを今回の手数料導入に合わせて本格化する予定で、顧客はスマートフォンなどで出入金の履歴を最大10年間分確認できるようになる。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加