早津江川に堆積した土砂をしゅんせつする作業船(奥)と、陸から作業を確認する国交省職員や報道陣=20日午前、佐賀市川副町

 7月の豪雨で佐賀市川副町の早津江川に大量に堆積した土砂の撤去作業が20日、始まった。戸ケ里漁港の上流で、しゅんせつ船が川底の土砂を取り除く作業を続けた。作業は8月いっぱい実施される予定。

 工事に取り組む国土交通省筑後川河川事務所諸富出張所によると、川底を最も深い所で1・4メートル、延長300メートルほど掘り下げ、土砂を除去する。豪雨による河川の変化を9月末までかけ測量中で、最終的な量は未定という。事務所は「工事の一番の目的は樋門(ひもん)など河川管理施設に影響が出ないため」と説明し、河川部分をしゅんせつするという。

 県有明海漁協によると、土砂が堆積しているのは戸ケ里漁港付近の長さ600メートルほどで、今回の作業で約半分が除去される見込み。残る漁港区域は、管理する佐賀市などが対応を検討している。漁協南川副支所は「おかげで一歩前進した。残り半分も除去できると、漁業者も安心する。県や市にも、ぜひ協力をお願いしたい」と話す。

 土砂を巡っては県有明海漁協が、漁船の航行に支障が出ているとして、9月から本格化するノリ養殖前の撤去を国や県などに要望していた。(宮里光)

このエントリーをはてなブックマークに追加