佐賀県の延期受け入れ表明を受け、会見した鹿児島県の塩田康一知事=19日午後、鹿児島県庁

 佐賀県の山口祥義知事が2023年の鹿児島国体開催と佐賀大会の1年延期の受け入れを表明したことを受け、鹿児島県の塩田康一知事は19日、県庁で記者会見を開き「佐賀との長年の絆がこういう形で実現した。本当にありがたく感謝を申し上げたい。一歩前進して大変うれしい」と述べた。

 塩田知事は同日、山口知事に電話し、23年鹿児島開催が実現した場合、「(両大会を)ともに盛り上げていきましょう」と感謝を伝えたと明らかにした。

 今後、24年に内定している滋賀県や25年以降の開催予定県の了承が必要。塩田知事は既に滋賀県の三日月大造知事にも協力を要請しており「(判断時期は)そう遠くないのではないかと期待している。静かに待ちたい」と語った。

 延期に伴う財政負担の軽減策については、佐賀県や滋賀県と協力して国などに要求していく考えも示した。

 鹿児島県によると、後続の全ての開催県の了承が得られた後、県内の市町村や競技団体などによる実行委員会を開き、県としての23年開催の方針を決定。日本スポーツ協会、スポーツ庁、日本障がい者スポーツ協会との4者協議で正式に決まる流れとなる。決定は9月にずれ込む見込み。(南日本新聞社)

このエントリーをはてなブックマークに追加