7月の豪雨の影響で佐賀市川副町の早津江川に大量に堆積した土砂について、国土交通省筑後川河川事務所は、20日からの除去作業で約1万8千立方メートルを取り除く方針を示した。作業は8月いっぱい実施する。

 上流から流れ込んだとみられる土砂が戸ケ里漁港付近に堆積している。佐賀県有明海漁協は、過去にない事態で漁船の航行に支障が出るとして、9月から始まるノリ漁期前の除去に向けて県や国に協力を求めていた。筑後川河川事務所は「しっかり作業を進め、ノリ漁に影響が出ないようにしたい」と話す。(宮里光)

このエントリーをはてなブックマークに追加