佐賀県内の7月の新車販売台数(登録車と軽自動車)は、前年同月比11・1%減の2907台だった。10カ月連続で前年実績を下回ったが、自動車の生産再開などにより前月(21・2%減)からマイナス幅が縮まり、持ち直しの傾向は鮮明になっている。

 登録車の販売台数は18・5%減の1364台。トヨタ自動車は2・1%減、日産自動車は41・9%減、ホンダは30・1%減で推移した。軽自動車は3・4%減の1543台。軽自動車県内トップシェアのダイハツが66・7%増と2カ月連続でプラスとなったほか、スズキも前年並みの販売実績を確保した。(中島佑子)

このエントリーをはてなブックマークに追加