佐賀銀行は10月1日から、現金による窓口振込手数料など各種取扱手数料を引き上げる。日銀のマイナス金利政策が長期化する厳しい環境の中、事務作業やシステムの導入、維持管理に見合う費用を利用者に負担してもらう。

 全額現金での窓口振込手数料は同一店内、本支店、他行あてのいずれも一律220円引き上げる。3万円以上の振り込みでは、本支店あてで現行550円が770円となる。消費税増税の影響を除けば、引き上げは2003年10月以来。

 同行営業統括部は「現金の取り扱いはコストがかかることに加え、犯罪防止の観点から、10万円以上の振り込みは本人確認が義務付けられるなど事務作業が増えている」と手数料引き上げに理解を求める。

 このほか、夜間金庫の手数料を月額8800円から9900円に、自動送金サービス契約料を550円から1100円にそれぞれ引き上げる。

 また、来年1月4日からは、住宅ローンをインターネット・バンキングで一部繰り上げ返済する場合の手数料を新設する。特約期間付きの固定金利では1万1千円、それ以外では3300円とする。口座振替停止の手数料も新設し、1回当たり550円とする。(大橋諒)

このエントリーをはてなブックマークに追加