ラグビー7人制女子日本代表候補合宿に参加し、オンラインで取材に応じる堤ほの花=18日午後

 ラグビー7人制女子日本代表候補の堤ほの花(佐賀工高出身)が18日、埼玉県熊谷市で行われた合宿に参加してオンライン取材に応じ、活動が再開されて「ラグビーをできることがうれしくてしょうがない。無理せず体を(以前の状態に)戻すことに焦点を合わせている」と語った。

 新型コロナウイルス感染防止のため、合宿はグループごとに分かれて実施。食事ではチームメートとの会話を少なくし、ミーティングもオンラインで各自の部屋から参加している。「合宿できることがありがたい」と語る一方で「ちょっとさみしい」とも漏らした。

 卒業後も練習拠点とする日体大では柔道部などで集団感染が発生。大きな影響は受けなかったが「これまで以上に気をつけないといけない」と心掛けた。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加