勝屋弘善署長(右)から感謝状を受ける岩﨑宏一郎さん=武雄署

 武雄署(勝屋弘善署長)は18日、夜中に町を歩いていた高齢女性に声を掛けて保護した武雄市山内町宮野、佐賀新聞などの新聞販売店主岩﨑宏一郎さん(75)に署長感謝状を贈った。

 岩﨑さんは7月30日午前3時ごろ、新聞配達中に山内町の道を歩いている女性(70代)を見掛けた。サンダル履きで手にもサンダルを持っていたことから気になり、妻を呼んで保護を頼み、近くの駐在所に連絡して連れていった。警察官が聞き出した氏名から住まいを教えるなど、女性の特定にも協力した。家族は家を出ていることを気付いていなかった。

 勝屋署長は「どんな事故に遭われたかも分からない。保護してもらいありがたかった」と感謝状を贈った。

 「警察の力を借りることなく、家に連絡できればよかったけど」と岩﨑さん。3年前にはニセ電話詐欺を防いで署長感謝状を受けている。「緊張するから感謝状などいいんですけど」と笑いながら、「街が眠っている時間帯の仕事。新聞を届けるだけでなく、いろんなことも気に掛けて社会貢献したい」と話した。(小野靖久) 

このエントリーをはてなブックマークに追加