完成したDVDを持つ佐賀商高吹奏楽部の吉山友梨菜部長(右)と岡﨑希美さん=佐賀市の同校

「よいこのみんなにおくるミニコンサート」の一場面

 新型コロナウイルスの影響で学校外での訪問演奏の機会が失われる中、せめて演奏の動画で楽しんでもらおうと、佐賀市の佐賀商高吹奏楽部が自分たちの演奏の様子を撮影してDVDを制作した。「アンパンマンのマーチ」や「パプリカ」など、小さい子どもたちに人気の7曲を収録。部員たちの出身保育園、幼稚園など県内約30カ所にプレゼントする。

 同校の吹奏楽部は年間50回ほど学校外で演奏活動をしているが、今年はコロナ禍で施設などでの訪問演奏が中止になっている。楽しみにしていた訪問先に元気になってもらいたいと、同校の後援会や先生らも協力して演奏を収録した。

 収録映像は約27分で、画面の向こうの子どもたちを意識してカメラに「一緒に歌おう」と呼び掛けたり、ダンスのパフォーマンスも取り入れたりするなど工夫した。曲にちなんだキャラクターが登場したり、演奏中に音符が飛び出したりと趣向を凝らした映像も盛り込んだ。

 部長の吉山友梨菜さんは「目の前では演奏できないけど、DVDの演奏で元気や会いたい気持ちを届けたい」と話した。

 希望する幼稚園、保育園には無料でDVDをプレゼントする。顧問の西牟田恭教諭は「今後は医療関係者を応援する演奏のDVDも制作できれば」と話している。問い合わせは同校の西牟田教諭、電話0952(30)8571(森田夏穂)

このエントリーをはてなブックマークに追加