新型コロナウイルスの影響で、鹿児島県での年内開催を断念した国民体育大会を巡り、佐賀県の山口祥義知事は、佐賀での開催が内定していた2023年を鹿児島国体とし、佐賀は1年延期して24年に開催する方針を固めた。19日に臨時記者会見を開き、鹿児島県や日本スポーツ協会からの要望の受け入れを表明する。

※19日11時からの臨時会見をYouTubeの佐賀新聞公式チャンネルで生中継します

 23年は、スポーツ基本法に基づき国体の名称が「国民スポーツ大会」に変わる節目で、佐賀は「最初の国スポ」開催に強い思い入れを見せており、日本スポ協とスポーツ庁が名称変更も1年遅らせることを確約していた。加えて23年大会で予定していた競技種目を24年に延期しても変更しないことも約束した。

 山口知事は、23年の地元開催に向けて強化を進めてきた各競技団体との調整を進めており、8月中旬までに開催延期に応じるか判断するとしていた。

 少年競技は3年後の大会で主力になる現在の中学3年生を対象に、選手の育成を計画的に進めていた。山口知事は「23年が鹿児島になるなら、しっかり予算を付けて中学3年の選手たちを支援する」としていた。記者会見では、開催延期の受け入れを表明した上で、23、24年の大会を両方盛り上げていく知事の考えを述べるとみられる。

 開催延期を巡っては、鹿児島県の塩田康一知事が7月31日に佐賀県庁を訪れ、23年の鹿児島国体開催を要望した。8月6日には日本スポ協の伊藤雅俊会長とスポーツ庁の藤江陽子次長も開催の1年延期を求め、これに連動した大会名称の変更時期の延期を確約していた。

 鹿児島国体は10月に予定されていたが、史上初の本大会延期が決定した。後続の開催県は21年に三重、22年に栃木、24年に滋賀となっている。(栗林賢)

このエントリーをはてなブックマークに追加