新型コロナの収束を願って打ち上げられた花火=伊万里市山代町

 伊万里市山代町久原地区の有志が13日、新型コロナウイルスの影響で中止になった夏祭りの代わりに、花火70発を夜空に打ち上げた。

 「サマーフェスタinくばら」は毎年、この日に山代中学校で行われ、お盆休みで帰省した人も含めて千人以上でにぎわっていた。地域一体で取り組む行事が中止になるのは寂しいと、花火だけ規模を縮小して実施した。新型コロナの早期収束の願いも込めた。

 母親と花火を楽しんだ樋渡仁ちゃん(4)と葵子(きこ)ちゃん(2)は「目の前で花火が上がって、大きくてきれいだった」と喜んでいた。(青木宏文)

このエントリーをはてなブックマークに追加