佛坂咲千生さん

 武蔵野音大では、4月からオンライン授業が続く。一般の大学と異なり、実技指導もあるため、「声を伝えるツールで、音をきちんと伝えられないことに苦戦した」と振り返る。ただ、学生が自宅で演奏するときは心なしかリラックスして見え、実家暮らしの学生の授業では親と会話することも。「いいコミュニケーションが取れた」とメリットを語る。

 海外の音楽大学ではオンライン入試もある。「今後、オンラインの精度が上がれば、地方から都心の音楽大学の授業を受けることも可能になる。大学のありようも変わるかもしれない」と考える。

 以前在籍した日本フィルハーモニー交響楽団、NHK交響楽団などの演奏会は軒並み中止となった。「夏休みコンサートや年末の第九など大きな収入源を失うことは痛手」と憂う。

 年に数回、中高生へのトランペット指導のために帰佐しており、10日も県内の高校生の吹奏楽コンクールの審査員を務めた。「音楽家としての最後の力を、育ててもらった佐賀にも注ぎたい」と力を込める。東京都練馬区。(福本真理)

このエントリーをはてなブックマークに追加