佐賀県内の4信用金庫、主要2組合が2020年3月期決算を発表した。日銀の超低金利政策の継続による利ざやの縮小など、厳しい経営環境が続く中、半数に当たる3金融機関の経常利益が前期より減った。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加