涼を求め、水遊びを楽しむ子どもたち=16日午後4時ごろ、佐賀市の県立森林公園

 佐賀県内は16日、高気圧に覆われて、日中の最高気温が佐賀市で午後3時20分に36・7度を観測、杵島郡白石町で36・2度、嬉野市で35・0度となるなど県内3観測地点で35度以上の猛暑日を記録した。

 このほか佐賀市川副町(佐賀空港)で33・6度となり、猛暑日となった3地点を含めた4カ所で今年一番の暑さとなった。県内5消防本部によると、同日午後5時までに、熱中症の疑いで6人が救急搬送された。

 気象庁は、17日の日中の気温が35度以上になるとして、九州北部地方の山口、福岡、大分、佐賀、熊本、長崎各県に高温注意情報を発表し、水分の補給や冷房の適切な使用など熱中症対策を呼び掛けている。

 佐賀地方気象台によると、17日の日中の最高気温は佐賀市で37度、伊万里で34度と予想されている。

(松岡蒼大)

このエントリーをはてなブックマークに追加