プロ野球のDeNA戦で無安打無得点試合を達成し、西田明央捕手と抱きって喜ぶヤクルトの小川泰弘投手=15日、横浜スタジアム

 DeNA戦に先発したヤクルト・小川=横浜

 プロ野球ヤクルトの小川泰弘投手(30)が15日、横浜市の横浜スタジアムで行われたDeNA11回戦で無安打無得点試合を達成した。昨年9月14日の大野雄大投手(中日)以来で史上82人目(通算93度目)、球団では2006年のガトームソン投手以来14年ぶりの快挙となった。

 小川は直球の走りが良く、3四球を与えたのみで10三振を奪う力投で、今永昇太投手とのエース同士の投げ合いを制した。

 小川は愛知県出身。愛知・成章高から創価大を経て13年にドラフト2位で入団。1年目に16勝を挙げて最多勝を獲得し、新人王に選ばれた。今季5勝目で通算70勝目だった。

このエントリーをはてなブックマークに追加